カードローン 審査

カードローンの審査に通るには?

キャッシングは普段の生活のなかでうまく使えれば金銭面で大変役に立つ便利なサービスです。
キャッシングは消費者金融や銀行カードローンでお金が借りられますが、できることなら金利の低いカードローンを利用したいものですが、それにはカードローン審査 通る必要があるので、どうすれば審査にとおりやすくなるかを考えてみたいと思います。

 

[カードローンの審査]

カードローンの審査は、住宅ローンのような目的ローンとちがって担保をとらずにお金を貸すので、もっとも重要視するのは「お金を貸した場合、本人に返済能力があるかどうか」を判断することで、お金を貸しても返済ができなければ貸し倒れとなってしまいます。
そのため、審査の結果によって借入希望額以上の限度額がもらえたり、多少不安要素もあるので様子を見るということで融資限度額が下げられたり、属性が低いときは最悪融資を断られることもあります。

 

[審査にとおらない原因を探す]

インターネットの口コミなどを見ると、審査にとおらなかった人の書き込みも多くありますが、審査にとおらなかった原因がわかればそれを回避することで審査が通りやすくなるとも言えます。

 

[一番多い書類の不備]

審査にとおらなかった理由として考えられるのが、申込書の不備があったことで申込者の電話番号や勤務先の電話番号を間違っていると、担当者からの連絡が取れなかったり、勤務先の電話番号を間違えていると在籍確認が取れないということで落とされるてしまいます。
またインターネットからの申込は申込書だけで判断するので、記入ミスがあれば担当者から見ればごまかしているのではないかとも取られることがあるので、申込書を送信Sる前に記入内容に間違いがないかを見直しましょう。

 

[複数の会社への同時申込は避ける]

借りられるならどこでもよいと思い、同時に数社へ申込をしてしまうことを考えますが、申込をすると申込履歴として個人情報に記載されます。
こうなると「何社も申込をしているがよほどお金に困っている」と判断され審査が通りにくくなるので一度に複数社への申込は避けましょう。
こういった人は申込ブラックといわれ審査が通りにくくなるので、いきなり申込をせずに「借入診断」などを利用すればある程度融資が可能かどうかががわかるので、まずは診断で結果を見てみましょう。

カードローンの必要書類

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申込は非常に簡単で、申込をする人がすることは、申込書に記入することと必要書類をそろえるだけで審査が受けられます。

 

[本人確認書類]

キャッシングの申込をするとき、どこへ申し込みをしても本人確認書類は必ず必要になります。
本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するものですから借入希望額に関係なく用意する必要があります。
本人確認書類になるものは運転免許証や健康保険証、パスポートなどのどれか1点が必要になります。
また、申込書に記入した住所と本人確認書類に記載されている住所が違う場合は、社会保険料の領収証や納税証明書、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

 

[収入証明書類]

収入証明書類となるものは源泉徴収票や直近1〜2カ月分の連続した給与明細、所得証明書などの書類のことで、総量規制の対象外の銀行カードローンは、銀行によってそれぞれ収入証明書類が必要になる借入希望額で違いがあり、借入希望額によって収入証明書類が不要になる場合もあります。
一方消費者金融のキャッシングは利用限度額が50万円を超える場合や、他社に借入があるとき、他社借入残高と借入希望額の合計が100万円を超えるときは申込者の収入を調べる為に提出が求められます。

 

[その他の書類]

ほとんどの場合、本人確認書類と場合によっては収入証明書類の提出だけですが、個人事業主のかたが「事業者ローン」などを申込むときは納税証明書や住民税決定通知書、印鑑証明書などが必要になりますが、申込先によって違いが有るので事前に調べて用意しておく必要があります。

 

日本に在住されている外国人がキャッシングを申込むとき、キャッシング会社でそれぞれ必要になる書類がちがってきますが、身分証明書、パスポート、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書のいずれかの提出が求められます。
もちろん、外国のかたでも安定した収入があればキャッシングは利用できますが、契約書の内容が理解できる程度の語学力も必要になります。